お金借りる 簡単審査

お金借りる 簡単審査

お金借りる 簡単審査 関連記事






大手消費者金融のキャッシング審査は簡単だけど

例えば大手消費者金融アイフルのカードローンが欲しい時、申込はWEB完結です。
必要なものは身分証明書と収入証明書(50万円以上キャッシングしたいとき)を用意しておくだけで申込ができます。

フリーダイヤルでも良く、審査も1時間程度で即日融資です
最初は指定口座振込ですが、あとでローンカードが届きます。
契約書の類いはなく、簡単に申込ができます。
他の大手消費者金融、銀行カードローン審査もほぼ同じです。

キャッシングは簡単にできる時代
以前のキャッシングは、フリーダイヤルが早かったです。
必要書類は、FAXで送信ですが、今ではインターネットですべて解決します。
スマホがあれば、どこにいてもお金を借りることができます。
ほとんどの金融業者では、申込の前に事前簡易審査があり、そこで自分の情報を試してOKがでたら、たいていは申込はできます。
インターネットがこれだけ普及していることで、キャッシングはすぐできる、お金も簡単に手に入るようになったのです。

審査に通ればの話しです
簡単に即日融資ができるのは、その金融業者の審査通過ができた人です。
簡易審査でOKでも本審査でNGは良くあることです。
最初の簡単な審査では、年収、年齢と借入件数か金額だけです。

その後の個人情報で、勤務先や勤続年数などを具体的に入力します。
キャッシング審査では、申込者のパーソナルデータも審査基準があります。

例えば、勤務状態で勤続年数ですが、最低1年以上は必要です。 大手消費者金融では2年以上のところもあり、勤務先も審査に関係します。
在籍確認の関係もありますが、会社の規模ではなく、安定している会社の方が有利なのは言うまでもないことです。
年収はそれなりにあるけれど、それは収入証明書ができないほど勤務年数が短い場合は、本審査で審査落ちです。
パート歴20年の方が審査通過の可能性が高いということです。

信用情報の問題
パーソナルデータから、個人信用情報機関の確認の審査があります。
これは金融会社は必ず確認しますが、債務整理経験者であったり、延滞しているなど過去と現在の債務状況を消費者金融で確認します。

その中で、審査基準に合わないものがあれば審査落ち。
当社規定の審査内容に則した方のみキャッシングができますと言う内容です。
ちなみに、大手消費者金融では債務整理後は5年以上のブランクが必要で、その間債務がゼロでなければならないです。

こうした審査が1時間程度で完了します。
簡単申込は正しいのですが、審査落ち金融機関で言うブラックの結果も早くに出ます。
そうすると借入ができない、簡易審査ではOKでもその先に進めないということになります。

契約ができるかどうかは本審査がで決まる
簡易審査は、誰でも簡単に行なうことができますが、パーソナルデータがなければ、実際の審査とは言えません。
返済能力があるかなどは、パーソナルデータと信用情報で金融業者が判断をするのですが、大手消費者金融では1時間程度で機械的に結果の電話かメールが来ます。



▲TOPにもどる



総量規制範囲内でしかキャッシングができない消費者金融


消費者金融のキャッシングでは総量規制が大きく関係します。
これは銀行カードローン審査にはない消費者金融特有の限度額のことを指します。
同じ年収で消費者金融と銀行カードローンに申込をした時に、限度額が違います。
消費者金融は総量規制範囲内で、銀行カードローンは銀行の規定によるものです。

総量規制とは?
貸金業法によって、決められている利用限度額の範囲です。
消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠がこれに当たります。
限度額は、年収3分の一です。

現在、キャッシングやカードローンは多重債務は認められています。
アイフルのカードローンをもっていて、プロミスに申込をすることは可能です。
そのとき、アイフルでは事前に総量規制の利用限度額になっていますが、プロミスに申込をしたときに、アイフルで借入した分は差し引かれた利用限度額に設定されます。

消費者金融間、クレジットカードのキャッシング枠では、利用限度額が合算されることになります。
銀行カードローン申込は別の審査になります。

簡易審査で申告を

消費者金融や銀行カードローンの申込のときに、事前に数秒間で完了する簡易審査が存在しています。
名前などは不要ですが、年収と年齢と借入件数などを入力をします。

これで、年収からの総量規制がわかり、他社借入件数であれば多重債務になることを示しています。
借入金額であれば、この時点で総量規制範囲内の余裕があるかがわかります。
300万円の年収の方が、借入金額で100万円とした場合、審査落ちです。
総量規制に余裕がないからです。

ここで虚偽の申告をした場合、あとの本審査でバレます。
ですから、審査落ちの可能性があるとしても、必ず正直に申告することが大切です。
どんな金融会社も金融業者も条件は同じです。

総量規制は厳守項目
総量規制は、審査の甘い中小消費者金融や街金などでも守られます。
ブラック対応で、多重債務者でも借りられると評判の金融業者ですが、総量規制オーバーの借入はできません。
債務整理をしていても審査通過ができますが、すでに総量規制範囲内の借入をしている場合は契約ができないのです。
個人信用情報機関に確認をすると、現在の借入金額が正確に金融業者には判明します。

ですから、総量規制範囲以上の借入をしたいということはできません。
カードローン申込で、この総量規制はとにかく厳しいです。
件数が多い多重債務者も審査落ちの可能性がありますが、中小消費者金融なら総量規制範囲内で、数万円のキャッシングができることがあります。

個人情報で返済能力があれば審査も通るのですが、総量規制に余裕があることが前提の話しです。
ちなみに、総量規制に関しては、銀行カードローンの借入件数はカウントに入りません。
しかし、消費者金融の審査では、その個人情報も確認できます。
総量規制対象外ですが、銀行カードローン、住宅ローンなどの各種ローンの返済が多いと審査落ちになります。



▲TOPにもどる



中小消費者金融の簡単審査は無理かも?


大手消費者金融や銀行カードローン審査経験者は、その簡単にカードローン申込でローンカードの発行を受けることを知っています。
本当にスピード審査ですし、即日融資もできます。
アイフルの朝の申込で、昼にはアイフルローンが使えます。

大手消費者金融ならではの内容
カードローン会社の大手消費者金融では、即日融資は大きなポイントです。
審査で、個人情報、個人信用情報機関などで問題がない、金融事故のブラックではない場合は、振込なり、カード発行をしてくれます。
カードローン申込に必要な書類は身分証明書だけと言う手軽さです。

銀行カードローン審査も同様ですが、在籍確認で勤務先に電話が行きます。
申込内容で、質問の電話が来ることもありますが、基本的にはないことが多いです。
最近では、在籍確認も書類提出で済ますところもあります。
ただし、消費者金融では50万円以上のキャッシング希望者は収入証明書が必要になります。

中小消費者金融、街金の場合
まず大手消費者金融とは違う中小消費者金融や街金とは審査の甘い金融業者を指します。
大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの方でもキャッシングができる可能性が高く、借入額が総量規制範囲内であれば、ブラックでも金融事故があったとしても審査を受けることができます。

ちなみにヤミ金業者ではなく、正規金融業者であることは確認した上で、申込をして下さい。
中小消費者金融などは、他社借入件数が大手消費者金融の審査基準よりも多くても良い場合があり、大手消費者金融審査落ちの申し込み者が多数います。

審査に時間がかかる中小消費者金融

中小消費者金融の申込では、インターネットや電話が多いですが、ブラックの方の審査は少し長くなります。
データ上の金融事故に対しての担当者からの電話確認があったり、具体的な返済計画を聞かれることがあります。
また、契約の際の提出書類が身分証明書だけではなく、収入証明書や住民票、契約書などを郵送してから審査に入る街金も多いです。

事前に必要書類を知っておかないと、わざわざ揃えなくてはならない場合もあります。
簡単とは行かない中小消費者金融の申込ですが、カードローンがない金融会社がほとんどです。
キャッシングは銀行振込になります。
在籍確認までの審査が午後2時に完了しなければ、即日融資もできない。
もし金曜日ならば、キャッシングはき月曜日以降ということになります。

面倒な中小消費者金融の申込
すべての中小消費者金融がそうだとは言わないのですが、最近ではローンカードのある会社もありますし、インターネットの添付処理で郵送の必要がない会社もあります。
大手消費者金融同様の簡単申込でブラックでも即日融資が叶うということです。

しかし、たいていの中小消費者金融では、即日融資と言っても、ブラック対応の審査では、担当者の詳しい審査があるようです。
もし、すぐにキャッシングをしたいのなら、事前に中小消費者金融の情報を入手して、必要書類を用意して来店することをお勧めします。
大手消費者金融も同じですが、店舗に直接出向くことで、審査の待ち時間だけで、その場でキャッシングの可否が分かります。
中小消費者金融や街金でもそうした形での即日融資に対応している金融業者もあります。



▲TOPにもどる



在籍確認をなんとか成功させたいばかりに 虚偽申請は厳禁


キャッシングのための金融会社を選択するときには、初めてのキャッシングなら一応どこでも良いですが、多重債務者などは選択肢は限定されることがあります。

銀行カードローン審査が厳しい
初めてのキャッシングだとしても、個人情報で年収が低い、勤続年数が浅い場合は、キャッシングができないことがあります。
20歳以上で収入がある方が申し込み対象になることが多いですが、実際には1年以上の勤続年数がポイントになります。 
特に銀行カードローン審査は年収や勤続年数には厳しいです。

転職して、年収がぐんと上がったとしても、勤続年数が長い方がキャッシング的には信用があります。
ですから、新入社員よりもパート歴が長い方が、収入は新入社員が高いとしてもパートの方が審査通過ができます。
大手消費者金融でも同じですが、審査の甘い街金などでも半年以上の勤続年数が必要とされています。

意外に知らない転職後の審査落ち
勤務先へは在籍確認を行い、収入源の存在を確認します。
事務的な内容ではなく、ただ働いていると言うことがわかればOKです。
個人事業主は自宅で、専業主婦は電話がない場合も多いです。
担当者が直接◯◯さんはいますか?と私用電話のようにかけてくる在籍確認。
ここで電話にてるのは本人じゃなくても良く、不在でもOKです。

ただし、退職後はNGです。 在籍確認がキャッシングの審査項目で、転職後すぐにお金を借りたいとき、前職の勤務先に在籍確認を依頼する方がいます。
話しが通じていたとしても、これは虚偽申告になります。
休職中などでも対応できないことです。
また、勤続年数が浅いのに何年と虚偽申請もNG、すべてすぐにぱれることで、契約後違反がわかったときには、そく解約で、場合によっては、その消費者金融の利用ができなくなってしまいます。

ウソはだめ!バレるだけではない
こうした虚偽申請をした場合、個人信用情報機関の報告がいきます。
金融事故としては、その後カードローン申込をした金融会社や金融業者がどう判断するか?
この人は虚偽申請をしましたと言う情報ではなく、消費者金融を強制解約させられたという金融事故になります。
総量規制以上の借入額、他社借入件数が多い多重債務者、債務整理者などのスタンダードな金融事故ではなく、強制解約の金融事故に関しては、銀行カードローン審査や大手消費者金融審査では注目をします。

虚偽の申告は本当に怖いこと
簡易審査で、年齢や年収をごまかして申込をする。
その場では審査が通ったとしても、あとでバレることは多いです。
申込者は必ず真実を告げることで、このままでは審査落ちとわかっていても、それなら街金などの審査の甘いところに申込をするか、今回のキャッシングは諦めることです。
正直に申込をして審査落ちより、虚偽申請でごまかす方が重罪であり、その後のキャッシングに大きな影響を与えます。



▲TOPにもどる



ブラックは審査に時間がかかるもの


すぐにお金を借りたい方は、インターネット申込が早いです。
現在、消費者金融や銀行では、インターネットでの申込対応がほとんどです。
人気のところでは、即日融資ができない場合もあり、前日の申込で朝早くの審査で即日融資も可能です。
インターネット申込は原則24時間対応しています。

今すぐに借りたい
カードローン申込はまさにそんな感じでしょう。
会社を選定して、ここからすぐに申込とクリックするだけで、審査が始まります。
アイフルなどの大手消費者金融ではスピード審査で、1時間程度で借入ができることもあり、お金借りる、じゃ申し込もうができます。
銀行カードローン等もその場で申込と振込が完了します。
金融会社では、スピード審査と即日融資に力をいれているところが多いので、簡単審査であっという間に現金を手にすることができる方は多いことでしょう、審査が通れば。

中小消費者金融や街金もインターネットの時代
審査が甘いこうした金融業者では、審査時間がかかります。
今でも申込はインターネットですが、暫らく音沙汰がないという場合もあります。
即日融資とホームページに記載はありますが、金融事故のあるブラックの審査はどうしても時間をかけて内容を精査します。

一応。インターネットで即日融資もしている街金であったとしても、実際にはそうならない方が多いです。 担当者の電話があったり、最初から数日かかるといわれることもあります。

また、街金などでは必要書類の郵送完了後に審査をする場合もあり、大手消費者金融の簡単審査ができないことが多いです。
大手消費者金融審査落ちが多く利用する街金や中小消費者金融は面倒な審査が続く、しかしブラックでも借りられるという点で言えば、この手間は仕方のないことといえるでしょう。

即日融資をうたう街金や中小消費者金融
それでも審査時間30分、来店不要、キャッシング後の書類郵送の街金などは、本当に即日融資ができるところもあります。
ところが、このような街金はとても人気があるのです。
情報サイトなどでも口コミが多いと、申込が殺到してしまうのだとか。

30日間無利息期間のある街金なども常に人気があり、なかなか審査に時間がかかるぞ、翌日の審査結果、審査落ちだって、という口コミも多いです。
これも人気街金の運命ですが、待つしかないと言ったところです。

個人信用情報機関の内容が肝心
要は自分の信用情報がブラックではない方は簡単審査になるということです。
街金の申し込み者で、大手消費者金融での審査通過ができる方は、審査時間もかかりません。
1時間程度で振込キャッシングが完了してしまう場合も多いです。
簡単審査は自分の信用情報次第ということ、ブラックは簡単ではないのです。

▲TOPにもどる