審査なし借入

審査なし借入

審査なし借入 関連記事






審査なし借入 カードローン

どこの審査も通ることができなかった…そういう人も少なくないのです。
そのような人は「属性が悪い」と診断されます。
この診断の大元は、信用情報機関です。
ここでは、加盟する金融機関から融資を受けている人あるいは、クレジットカードを作っている人の個人情報、与信情報が保存されているのです。

ですから、カードローンの融資を受けた場合、金融機関はその人の属性を知るために信用情報機関に照会するのです。
審査を左右するのは、信用情報機関から戻ってきた照会情報です。
過去に延滞の履歴があると、銀行カードローンでは審査に通ることはできないでしょう。
もっとも、審査に合格するしないという判断は信用情報機関から得られる照会情報だけではありません。
照会情報に何も問題がなくても、申し込み者の属性が悪ければ、銀行の審査をパスすることはできません。

これまで、何度も「属性」という言葉が出てきましたが、申し込み者の信用度というふうに置き換えてもいいでしょう。
信用度が低い人には銀行もお金を貸したくはないでしょう。
いつ、返済してくれなくなるかわからないと考えるからです。
属性が高いことは、すなわち審査に受かりやすいということです。これは、安定した収入を得ている会社員であれば、属性が高いということになりますし、さらに公務員であれば属性がさらに上げるのです。

大企業に勤める会社員よりも公務員のほうが属性が高いのです。
これは、昨今の大企業の業績を見ると、いつリストラが起こるかわからないことを考えても明らかと言えるでしょう。
また、住まいも持ち家か賃貸ということでも違ってきます。
これも持ち家のほうが属性が高いということになるのです。

また、フリーターや無職であれば属性はかなり低いということになります。
このように、カードローンの申し込みをする前に、自分の属性が低いと感じたらまずは審査に通りやすい金融機関を選択するようにしたほうがいいでしょう。
闇雲に申し込みをして都度審査に通らない状況が続くのは、信用情報を傷つけているので良い状態とは言えないのです。

というのも、審査に落ちたという情報も信用情報機関に記録されています。
この情報は6ヵ月間保持されるということですから、審査に落ちたら向こう6ヵ月間は融資の申し込みをしても審査に通る確率がかなり下がってしまうのです。

融資を受けるのには審査が必要です。 消費者金融会社からはお金が借りやすいとされていますが、消費者金融会社にも審査があります。
ですから、この審査が厳しいか甘いかということなのです。銀行は当然厳しい部類に入ります。
小口のキャッシングなどを申し込む場合では、審査が厳しい銀行でもパスする可能性もあるでしょう。

それでも、審査無しで融資を受けたいということになるとかなり難しいと言えます。
銀行カードローンで、審査無しで融資を受けるのは、不可能です。
先述した、属性がよほど良い人では、そういったことも可能かもしれません。
例えが極端になりますが、大企業の社長、あるいは名家の令嬢、年俸が億を超えるスポーツ選手でしたら、審査無しで即融資ということもあるかもしれません。

憶測になってしまうのは、銀行の審査はその方法も全て非公開だからです。
それでも審査内容が知られているのは、憶測や銀行関係者から漏れ伝わってくる情報などから構築されているものです。
明らかなのは金融事故を起こして、ブラックとなった人は銀行や大手消費者金融会社からの融資を受けることができないということです。

また、審査では、在籍確認などが行われます。これは、その人が申込み書に書かれているような企業に勤めているのかを知るためのものです。
お金の貸し借りには信用が第一となります。
属性を良くすることで審査に受かりやすくなりますが、審査無しですぐにお金を借りたいという要望は先にも挙げたようによほどの人ではないと無理と言えるでしょう。



▲TOPにもどる



審査なし借入 融資

カードローンなどの融資を受けたいと思ったら審査を受けなければいけません。
申込み書に必要事項を記入した項目の一つ一つが審査の対象と言ってもいいでしょう。

ですから、審査無しでカードローンの融資を受けるということは、言い方は悪いですがありえないと考えていいでしょう。
融資カードローンを利用したいと考えると誰でも、簡単にお金を借りることができると考えると思います。

しかし、公にはされていませんが、カードローン会社では、申込み書に書かれている情報を元に詳細な審査をしているのです。
多重債務に陥っているという情報も信用情報機関に照会することでわかります。
おまとめローンを希望するということは、多重債務をしているということが前提になっているのです。
カードローンの中でも銀行カードローンは特に審査が厳しいです。審査無しで銀行カードローンの融資を希望している人は、まず不可能だという認識が必要です。

金融業者の中には、審査無しで借入れをしてくれるところがあるということですが、闇金の可能性が高いのでそれは止めておいたほうがいいでしょう。闇金がどうして審査無しですぐに融資してくれるのかというと、それだけ、高い金利設定をしているので、融資したお金をすぐに回収できるからです。

お金を借りた側も、最初はがんばって返済しますから、すぐに元金を支払うことでしょう。
闇金に手を出すような人は他にも債務を抱えていることが多いですから、やがては多額の返済に窮して破綻してしまいます。
それで、任意整理ということになっても法律の外にいるのが闇金ですから、そのような救済措置はまったく関係がありません。
法律で守られているはずの債務者の元には連日連夜ひっきりなしに電話がかかってくることでしょう。

闇金から逃げる方法は、警察の厄介になるしかないというくらいに執拗です。 闇金で債務を抱えるということはそれくらい危険ということを認識しておく必要があります。
闇金で借りるくらいの勇気があるのでしたら、カードローン融資を一旦任意整理するほうがいいでしょう。

お金がどうしても必要となると、審査を受けると時間がかかってしまうと考える人が多いようです。
審査のないようなローンカードはないものかと考えている人も少なくないでしょう。
しかし、現在は即日融資をしてくれる金融機関も少なくありません。

というよりも、消費者金融機関であれば、どの業者も即日融資をしてくれます。
中には30分キャッシングを謳っている金融機関もあるのです。
これだと、審査の時間を気にすることなく融資を受けることができる可能性があります。
カードローン利用者にとって、このスピード審査は願ってもないことではないでしょうか。

もっとも、信用の有無が重要になってきます。
素早く融資をするからといって、全く審査がないわけではありません。
現金がいくら急ぎで必要であっても、そこまで利用者の都合に合わせて融資をしてくれるわけではないのです。
申込者はときとしてわがままです。しかし、お金を貸す金融機関のほうが力関係は強いと言えます。

昔、サラ金と呼ばれていた金融会社は、闇金顔負けの厳しい取り立てをして、債務者を窮地においやっていたのです。
現在は、そのような厳しい取り立てをする金融会社は闇金を除いてはいないでしょう。
また、貸金業協会に加盟していない小規模の消費者金融会社、いわゆる街金であれば、銀行や大手消費者金融会社が行っている信用情報機関での照会を行っていないところがあります。

これは、単に信用情報機関に加盟していないので、照会することができないということです。
そうなると審査はどうしているのかといと、自社での独自審査ということになります。
これを平たく説明すると、ブラックといった情報も街金ではわからないということです。
それならば、ブラックでも街金であれば融資を受ける可能性があるということですね。
たとえ無職の人であっても、キャッシングカードローンを組めるかもしれないということです。



▲TOPにもどる



審査なし借入 消費者金融

消費者金融は昔は、サラリーマン金融略してサラ金と呼ばれていた時代がありました。
サラ金というと今の若い人にはピンとこないかもしれませんが、債務者が夜逃げしくなるくらいの厳しい取り立てがあったのです。
多重債務者が陥りやすいのが返済が滞ることです。
事は単純で返済に窮するから、返済のために借金を繰り返していって首が回らなくなるパターンです。

多重債務者の多くはこのケースになっていしまって、挙げ句には任意整理さらには自己破産ということになってしまうのです。
それを回避するには、できるだけ早く多重債務状態から抜け出すしかありません。
その最適な方法が、借り換えローンです。おまとめローンというほうがわかりやすいかもしれません。
債務の一本化ですから、借り換えローンで債務の全体額を融資してもらって、全て債務を完済する方法です。

そして、借り換えローンで融資を受けた金額を返済していくのです。
ですから、場合によっては利息が少なくなっている可能性もありますし、反対に返済総額が多重債務のときよりも増えている場合もあります。
それでも、債務の一本化は何もましてメリットがあります。
たとえ返済が大変でもそれによって受けるメリットの大きさを考えると借り換えローンを何とかして成功させるようにしたいものです。

その理由の一つとして多重債務と債務が一本というのは、属性に大きな違いが出てくるからです。
多重債務では新しく融資を受けることは難しいでしょう。
しかし、債務が一本であれば万一のときに融資を受けることができます。
後があるのか後がないのかということを考えると、結論は言うまでもないでしょう。

消費者金融会社でも借り換えローンを用意しています。 審査無しでの借入れを目指している人には意味がないかもしれませんが、借り換えローンの審査は厳しいことが多いですい。
電話連絡は必ずあって、在籍確認が行われます。カードローン申込みをすると、審査に入るわけですが、審査スピードなどは消費者金融会社によって違いがあるので、口コミなどで少しでも早く審査をしてくれる消費者金融会社を探しましょう。

消費者金融会社には規模によって大手、中小、さらに街金と呼ばれる消費者金融会社に分かれます。
中でも街金は、貸金業協会の会員になっていても、信用情報機関に加盟していないところもあります。
これはどういうことかというと、独自の審査をしているということです。信用情報機関に照会できないのですから、当然なのですが、これがどういう意味を持っているのかというと、審査の項目としては、申込み書に記載されているものでしか審査ができないということです。

もちろん申込み書に虚偽の記載をしてはいけませんが、信用情報機関に照会できないというだけでも、ブラックの人にはありがたいことではないでしょうか。
ただし金利が高いことは覚悟しておかなくてはいけません。貸金業協会の会員であれば利息制限法を守っていると思いますが、中には貸金業協会に加盟していなく、利息制限法を遵守していない闇金のような街金もあるので注意しましょう。

原則として、貸金業協会の会員であることをまず確認することです。
そのような街金であれば、審査無しでの借入れも可能かもしれません。



▲TOPにもどる



審査なし借入 キャッシング

カードローンはキャッシングのできる、いわばキャッシングカードローンと呼んでもいいでしょう。
それは当たり前なのでは?という意見が聞こえてきそうですが、クレジットカードのキャッシング機能を良く知っている人では当然といえます。

しかし、キャッシングカードローンは借金の返済をしながらキャッシングができるので、キャッシングばかりしているといつまでたっても返済は終わりません。
利用限度額が設定されているので、あげくには返済するためにキャッシングしているという負の連鎖に陥ってしまうのです。
そうなると次に待っているのは他社からの借入れを行っての多重債務者の道です。
返済に窮して滞納をし続けると、金融機関からの電話連絡が入ってくるようになります。

厳しい取り立てというよりは、返済はいつになるのか、返済する意思はあるのか、といったような問い詰めに近いものです。 昔の厳しい取り立てではありませんが、精神的に参ってしまう人もいるようです。
もちろん、これも自業自得としか言いようがないのですが、できるだけ多重債務にはならないように気をつけたいものです。
カードローン申込みをすることでキャッシング機能も使えるようになりますが、それよりもキャッシング機能のない、借りたら後は返済するだけの専用ローンを利用するほうが得策です。

金利も低めに設定されている事が多く、まさに必要な金額だけ借りて、あとは返済するのみということで、借金の返済の正しい在り方と言ってもいいでしょう。
消費者金融系のカードローンでは、返済に窮してしまうとどうしても返済のためにキャッシングしてしまいます。
それに慣れてしまうと元本が減らないばかりで、結局は人生まで嫌になってしまいます。
そうならないためにも、かしこくカードローンを利用しなくてはいけません。



▲TOPにもどる



審査なし借入 銀行

カードローンを利用するには、まず一番に銀行カードローンを申し込むのが一番です。
金利も安いですし、なによりも総量規制がないので多くのお金を借りることができるのです。
総量規制というのは今更説明することもないのですが、年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。

これは消費者金融会社などが該当し、銀行は総量規制の対象外となっているのです。
だからといって、多額の融資を受けるには、個人信用情報機関に照会しなくてはいけません。
それでも、銀行系カードローンは誰もが融資を受けたいと思っているのです。

それは、イメージ的なものもあるでしょう。それだけ消費者金融系のカードローンのイメージが悪いということです。
銀行系でしたら、三井住友銀行カードローンの人気が高いです。知名度も抜群ですし、金利も低くなによりも高額の融資ができるからです。

もちろん、金融事故のあるような人では、銀行カードローンから融資を受けることはできないでしょう。 借り入れにも良好な属性が必要になるのです。
審査に無事に通って真面目に返済をしていると、増額融資を認めてもらうこともできます。
利用限度額内であればキャッシングもできるので、とても利用範囲の広い金融商品と言えます。
それでも、恵まれた銀行カードローンを利用していても、滞納しそれが高じて事故情報として登録される場合もあります。

そのようなことがないように延滞には十分に注意したいものです。
誰もが審査のない融資を受けたいと思うものです。
属性の良くない人でしたら特にそうでしょう。

しかし、借金というのは借りる側のみの都合は通用しません。貸す側の都合もありますし、力関係では明らかに貸す側のほうが強いのです。
審査のない借入れをしたいのでしたら、極端に言えば闇金のみのなってしまいますし、街金でも審査がなくすぐに用立てしてくれるところもあるかもしれません。
それも、住所がしっかりしていて、連絡もすぐにとれることが条件であるのは言うまでもないのです。

▲TOPにもどる